現在位置:Home の中の 印刷データ作成Tips の中の 紙ジャケット(Illustrator)編

紙ジャケット・ダブルの作成     IllustratorPhotoshop

Illustratorで作成TOP

 

ダウンロードする ■背景画像を配置 ■解像度について ■メインの写真をPhotoshopで加工する ■透明効果の設定 
表紙の仕上げ ■裏表紙の作成 ■歌詞と背タイトル ■フォントのアウトライン 
スクリーンショットをとる ■データを圧縮する

Adobe Illustratorで作成

うちわの説明1

■テンプレートをダウンロードします
当サイトTOPメニューから「印刷素材」➡「入稿用テンプレート」➡「ジャケット印刷」にある「紙ジャケット(ダブル)」をダウンロードします。
ダウンロードした圧縮ファイルを解凍(ダブルクリック)すると2つのファイルが入っています。(下図参照)ダウンロードファイル
※データを作成する前に必ず「データ作成時の注意事項」をお読みください。データチェック対象外部分の不備やトラブルが発生した場合、刷り直し等にかかる費用は全額お客様負担となります。ご注意ください。

うちわの説明1

■これから作成するデータに分かり易いファイル名に変更してファイルを開く(ここで作成するデータ「fleur_紙ジャケット.ai」に変更しました:下図)
ファイル名はわかりやすく短い名前で保存するようにしてください。特殊 文字「①」や「Ⅵ」などOS依存文字は絶対に使用しないでください。(文字化けやトラブルの原因になります)
データのフォルダ内に、デザインで使用する写真やイラスト、マーク類をまとめます。
ファイル名変更
テンプレートのaiファイルを開きます。テンプレートには注意事項が記載されていますので、必ずお読みください。

うちわの説明1

■用意した背景画像を配置します。
メニューから「ファイル」→「配置」→画像を選択→「配置」で選択した画像を配置します。
配置画面の左下にある「リンク」のチェックボックスを外すと選択した画像はaiファイルに埋め込まれます。
・埋め込むとデータの容量は重くなります
・リンクにした場合は、印刷用のaiファイルと一緒に画像も入稿して下さい。画像データの添付がない場合は「データ不備」となり印刷に進むことは出来ません。


うちわの説明1

■背景画像を調整する
配置した背景画像は、CDジャケットのサイズには足りないので、1枚の画像を両側にコピーします。画像の境目を目立ちにくくする為に画像の両縁に不透明マスクをかけて重なりあう部分をぼかします。

①画像と同じ大きさになるように「長方形ツール」で四角をかいて、左図の様に黒(K100)と白でグラデーションの塗りにします。
②背景画像と①でかいた四角を選択し、透明パネルの左上の▼から「不透明マスクを作成」を選択します。
③両縁にぼかしが入りました。

透明マスクの調整透明パネルのグラデーションのボックスをclickしてから、グラデーションを調整すると、画像の透明部分を調整できます。

うちわの説明1

CDジャケット全体に画像を配置したいので、透明マスクをかけた画像をコピーします。(左図上)
コピーしたままの状態は少し不自然に見えるので、コピーした画像を上下や左右に反転させます。
画像を横に引き伸ばしてしまうと、解像度が下がり鮮明な仕上がりになりません。ご注意ください。不透明度背景の画像の濃度を下げます。(上図)
背景の濃度が濃いと文字が目立たなくなるので、透明パネルの不透明度を70%くらいに落とします。

紙ジャケット
印刷用データの解像度目安は3 0 0 ~350dpiです。
解像度とは?
画像やプリンタなどのきめ細やかさを表す尺度でdpi (またはppi)の単位で表示されます。解像度が高いほど精密な画像を表現することができます。(高すぎる解像度はトラブルの元となります。)解像度が高くてもドットの数が低ければ精密な表現は出来ません。

うちわの説明1

■写真をPhotoshopで加工する。
Photoshopで表紙用の写真を開いたら、CMYKに変換します。
①クイック選択ツールで背景を選択します。
②選択範囲→選択範囲を反転を選んで人物だけが選択された状態にします。
③選択範囲→選択範囲を変更→境界をぼかす
背景と人物の境界をぼかします。
④レイヤーパレットの下部にあるレイヤーマスクを追加をclickすると背景が消えました。

この画像を.psd形式で保存します。

紙ジャケット

うちわの説明1


■表紙用の写真を配置する
①Photoshopで加工した写真を背景画像の上に配置します。(「ファイル」→「配置」)
②人物の向きを逆にしたいので、左右を反転させた後、大きさを調整します。表紙面ぎりぎりに配置してしまうと、人物が切れてしまうかもしれないので少し大きめに配置しています。
③タイトルの文字を入れます。
④アピアランスパネルで文字の色と縁の色を変更します。【A】
④「F」の文字を選択して、文字パネルからタイトルの頭文字だけを選択して大きくし、少し回転させます。(左図)【B】
⑤「効果」→「スタイライズ」→「ドロップシャドウ」で影を加えます。

紙ジャケット
■透明効果を使った時の設定について
ドロップシャドウ等の透明効果の設定はIllustratorのデフォルト数値では72dpiとなっています。この解像度の値は印刷媒体ではとても低い数値になっています。印刷用のデータを作成する際には「効果」→「ドキュメントのラスタライズ効果設定」で高解像度を「300dpi」に上げて設定し直して下さい。

うちわの説明1

■表紙を仕上げる
①「楕円形ツール」で表紙面の右上に円を描きます。②色を「白」から「白」右側のカラーAの不透明度100%「B」にグラデーションを変更します。
③表面の外側に出たグラデーションは、「クリッピングマスク」で隠します。(「オブジェクト」→「クリッピングマスク」)

うちわの説明1

■表紙の反対面を作ります

背景画像の上に細かい文字を配置すると、文字が読めなくなってしまうので、薄い黄色を起いて背景の模様を隠します。その上からこのCDの注意書き等を入れました。

うちわの説明1

■裏表紙用の写真に「ぼかし」をかける

用意しておりた写真を裏表紙に配置します。
①アピアランスパネルの下にある「fx」をclickします。
②「スタイライズ」→「ぼかし」を選択します。
③ぼかしのサイズを入力します。(5mmにしました)

紙ジャケット

うちわの説明1

■歌詞と背タイトルを入れる
①長方形ツールを選択します。
②紙ジャケットの歌詞を入れる面に四角を入れます。
③エリア内文字ツールを選択してます。
Wordやテキストエディタ等で歌詞のテキストをコピーして、Illustrator上の先ほどかいた四角の中にペーストして、大きさ等を調整します。

紙ジャケット

うちわの説明1

【入稿用データの作り方】文字(フォント)のアウトラインをとります。
アウトラインのとられていないデータは、文字の詰め情報などが変わってしまう危険性があるので、この「フォントのアウトラインをとる」作業は必ず行ってください。
各レイヤーのロックを解除します。
①「オブジェクト」→「すべてをロック解除」でロックされているオブジェクトをなくします。
②「選択」→「すべてを選択」で配置されているオブジェクトをすべて選択します。
③「書式」→「アウトラインを作成」します。
④完成です 。全ての文字がパスになりました。


紙ジャケット
アウトライン作成した後のデータは文字に間違いが見つかっても、データの修正が出来なくなります
アウトライン作成後のデータは「入稿用」として必ず別名で保存をしてください。

うちわの説明1

■スクリーンショットをとります
コンピューターの表示画面を画像データとして保存した「スクリーンショット」を作成します。(キャプチャとも言います)
【Mac OS Xの場合】
⌘キー+Shiftキー+3のキーを同時に押すことで画面全体のスクリーンショットを撮影できます。また、⌘キー+Shiftキー+4のキーを同時に押すと画面上の指定範囲のスクリーンショットを撮影できます。
【Microsoft Windowsの場合】
PrintScreenキーを押すことで画面全体のスクリーンショットを撮影し、クリップボードに格納する。また、AltキーとPrint Screenキーを同時に押すと現在のアクティブウィンドウのみを撮影することができます。
ただし機種により キーが異なります。
Printscreenキーはクリップボードに格納されるのみで保存はされないため、保存するにはOSに付属の「ペイント」を開き「ペースト」して画像を保存します。

うちわの説明1

■入稿用データをひとつのフォルダにまとめる

アウトライン作成後のaiデータと、リンク画像カンプ用のスクリーンショットをひとつのフォルダにまとめます(図1)。フォルダ名にはご注文番号を入れて下さい。
※弊社で文字の修正等行うことはありませんので、アウトライン前データは必要ありません。トラブルの元になりますので、不要なデータのご入稿はご遠慮下さい。

うちわの説明1

■注文番号を入れた入稿用データを圧縮する

フォルダの上で右クリックしてメニューを表示させます。「xxxxxxを圧縮」を選びます。
圧縮データが作成されます。このデータを入稿します。