ようこそ、 ゲスト さん
カートをみる
商品を比較する
  • メニューを開く

小冊子を新たに印刷するにはどうしたらいい?

ホーム > コラム > 小冊子を新たに印刷するにはどうしたらいい?

小冊子を新たに印刷するにはどうしたらいい?


本の種類



企業やショップなどの宣伝、趣味のサークルなどで自分たちの紹介をするため、俳句や詩などの作品集を作るなど、さまざまな用途で冊子を配布したいと考える場合にはデータを送って製本をしてもらう方法が一般的です。しかし冊子にも様々な種類があります。

私たちが一般的にハードカバーと呼んでいるのは、上製本と呼ばれるものです。まず、本の内容部分を刷り、背にあたる部分を専用のボンドで固めていきます。そして別に用意をした、厚めの紙やビニール、場合によっては布や革など表紙で本を覆います。この表紙は中の紙よりも大きいサイズです。さらに、芯紙と呼ばれる紙でくるんで本を固定し、仕上げていきます。とても丈夫で高級感があり、長い間でも保存ができるのが特徴です。写真集、画集、小説などによく使われています。自分史や家族史などを自費出版で出したいと考える場合、上製本として作ることももちろん可能です。

上製本のように固い紙で本体を覆うのではなく、本のページがあまりなく、表紙にあたる紙を専用の接着剤を用いてくっつけたものを、並製本と呼びます。パンフレットであるなど、ちょっとしたカタログ、また雑誌によく使われています。上製本と比べるとシンプルな造りのため、コストがあまりかからず、また短い期間で納品してもらうことが可能です。ソフトカバーとも呼ばれています。

さらに、パンフレットや文集、同人誌、お店のメニュ-など、小さい印刷物は小冊子という呼び方をすることもあります。種類がいくつもあり、また、作り方も異なってきます。そこで、ここでは印刷所に頼む際に必要となる知識や、小冊子の活用の方法などをご紹介いたします。



小冊子とは



小冊子とは、複数のページをとじて製本されている、サイズが小さく薄い本のことを指す言葉です。国連の機関であるUNESCOによると、5ページから49ページ未満であり、不定期に刊行されたものを小冊子、49ページ以上を本と定義されています。製本されていない、そしてカバーが付いていない印刷物のことは、パンフレットと呼び、区別されています。また、1枚の紙に伝えたい内容を刷りあげ、折りたたんで読めるようにしたものは、リーフレットと呼ばれています。1枚だけのポスターやチラシと比べて、画像や写真などをふんだんに利用して、視覚面で訴えたい場合や、文字で訴えたい内容が豊富な時などに向いています。めくって書かれてある情報を得ることができるので、テーマが違う内容でも、ページごとにまとめて掲載することで読者に伝わりやすくなるというメリットもあります。

またとじ方などによっていろいろな種類に分けることができます。まずは、中とじと呼ばれる方法です。これは1枚の紙に4ページ分を刷ったものを真ん中で2つに折り、折った真ん中の部分をホッチキスなどでとじる方法です。そのため4ページ、8ページ、12ページと、4の倍数にする必要があります。2つに折ることで見開きで読みやすいため、左右に渡って写真などを掲載することも可能です。また、見開きを利用したマンガも多くありますし、雑誌などでよく用いられる方法です。写真などを多く使うパンフレットや、街中でよく見かけるフリーペーパーも中とじがよく用いられています。

次に無線とじです。無線とじというのは中とじと違い、ホッチキスなどを利用せずに製本をする方法で、専用の接着剤を用いて背の部分を固め、その上から表紙で覆う方法です。中とじは、とじ方の方法から4の倍数ページになることが決まっていますが、無線とじは本の内容に応じて幅を調整することができます。また、ページを接着剤で固めてしまう分、ページが最後まで開くことができないのも特徴です。そのため、すべて開ききって読む必要があるようなデザインの本や、とじた背の部分ギリギリまで文字や画像があっても、見づらい、もしくは見ることができなくなりますので、そのことに配慮をして本のデータを作成しなければいけません。さらに、ページ数が少ないと接着剤の量も少なくなるため、ある程度の厚さがある本の方が適しています。



データを作成する際の注意点



業者に依頼する場合には、あらかじめ決めておくことや注意点があります。

まず、製本をするサイズを決めます。業者では、刷り上がった本を裁断して注文のサイズに仕上げていくので、仕上がった段階のサイズを指定することが必要です。また、塗り足しサイズ、もしくは裁ち落としサイズと呼ばれるサイズを考慮して、データを作る必要があります。

塗り足しとは、仕上がるサイズより外側にある、裁ち落とされる部分のことをいいます。本のサイズギリギリまで画像や写真を掲載する場合は、裁断することを考えて、仕上がりのサイズよりも3ミリほど大きく作っておきます。四方ですので、左右だと合わせて6ミリの幅が必要となります。この塗り足しサイズは会社によっても少し違いますので、あらかじめ印刷所に確認をしておきましょう。

  • ジャケット専門店
  • カレンダー専門店
  • カード印刷専門店
  • 印刷素材とテンプレート&印刷DATA作成教室
  • 不審者カード(INGRESS)デザインテンプレートのダウンロード
  • ご利用ガイド
  • よくある質問
  • 新規会員登録
  • Adobe Creative Suit に対応
  • FREX B2B後払い決済
  • プレス・トークダイレクトは4/1以降も総額表示(税込み表示)を継続します
グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

当サイトはプライバシーを保護しお客様に安心してお買い物をしていただくために、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用しSSL暗号化通信を実現しています。

プレス・トーク ダイレクトでは印刷物のデータ内容がアダルト関連や公序良俗・法律に反するものと判断したものは、ご注文後でもお断りさせていただきます。

ベジタブルインキ

当社オフセット印刷は全ての印刷物に植物油インキを使用しています。

このページの上部へ
お支払い方法詳しくはこちら
  • ■銀行振り込み
    ※先払いのお振込みとなります。
    ※振込み手数料はお客様負担でお願い致します。
  • ■クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express)
    VISA、MasterCard、JCB、American Express
  • ■代金引換
営業時間について

営業時間は、月~金曜日は9:00~21:00、
土曜日は9:00~18:00
となっております。
(※日・祝日、弊社休業日はお休みをいただいております。)
お電話でのご連絡は営業時間内にお願い致します。
WEBからのご注文・お問い合わせ、FAXは24時間受付しております。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

完全データ入稿の締切は、20:00(土曜日は15:00)です。
20:00以降に到着した入稿分は、翌営業日の受付となります。
※「オフセット印刷」の「1営業日納期(当日に受付けて翌日に発送するサービス)」の完全データ入稿の締切は、受付日の10:00です。
納期に関する詳細は、こちらをご確認ください。

配送について詳しくはこちら

全ての商品が送料無料です(沖縄地区、離島を除く)
※沖縄地区、離島へ配送される場合は送料2,050円が別途発生致します。

  • ■発送先が2カ所以上ある場合は別途、送料が発生します。
    ※1カ所につき1,540円の送料が追加で発生します。
  • ■商品や物量に応じて配送業者が異なります。お客様では運送業者は指定できません。
  • ■複数商品の同梱は、同じカートで一度にご注文いただいたものに限ります。
    ※別々のカートに分けてご注文いただいた商品は同梱できません。
ポイント制度について詳しくはこちら
  • ■プレス・トーク ダイレクトでは、会員登録された方全員に1000ポイントをプレゼントしています。
  • ■お客様がご注文頂いた金額の1%がポイントとして加算されます。
  • ■貯まったポイントは、次回以降のお買物時にご利用いただけます。
  • ※サービスポイントの有効期限は、前回のポイント起算日(前回ご購入いただいた商品を出荷した日)から2年間です。
  • ※ご利用は1ポイント=1円になります。
キャンセル・変更について詳しくはこちら
  • ■データチェック完了までは対応可能です。
  • ■データチェック完了(受付日確定)後の変更はお受けできません。
株式会社プレス・トーク 〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目2-17 名古屋情報センタービル1階 TEL:052-228-0696/ FAX:052-232-2357
Copyright(c) 2012 PRESS-TALK DIRECT All Rights Reserved.