ようこそ、 ゲスト さん
カートをみる
商品を比較する
  • メニューを開く

名刺は業者で印刷した方が良い3つの理由とは?

ホーム > コラム > 名刺は業者で印刷した方が良い3つの理由とは?

名刺は業者で印刷した方が良い3つの理由とは?



依頼する方が良い理由とは?



名刺といえばビジネスのツールとして欠かせないものです。自分の所属や肩書、名前を覚えておいてもらうことがビジネスで最も大切なことと言っても過言ではありません。会社によっては自社で印刷しているというところもあります。特に従業員が少ない企業であれば、パソコンでデザインを作成して、市販のミシン目が入ったカードサイズの用紙にプリントアウトするといった作成法をとることが多いものです。確かに少量の作成であればこちらの方がコストが削減できる場合もあります。

しかしやはり名刺の印刷は専門の業者に依頼するのがおすすめです。その理由としてはまず完成度の高さが違うということが挙げられます。注文して出来上がったものを見てみると、通常価格のものであってもカラー印刷は色鮮やかな仕上がりになっており、プリントアウトしたものとは高級感が違います。自分と会社を代表するものが名刺ですから、やはり品質にはこだわりたいという方も多いものです。

そして二つ目の理由としては、時間の削減になるということです。これは最大のメリットと言っても良いでしょう。自分で作るとなれば、デザインを考えてパソコンのソフトを操作し作成をする必要があります。名刺の印刷を専門の業者に依頼すれば、その時間を何か他の作業をする時間として充てられます。

さらに注文するとコストがかかると思っている方も多いものですが、実は印刷をする量によっては業者に依頼した方が低コストで済むという場合もあります。用紙を準備する費用やプリントアウトするためのインク代を考えると、総合的に注文した方が安かったという場合は多々あります。このような理由から名刺の印刷は業者に依頼をした方が良いでしょう。



名刺印刷を注文するならまずはデザイン作成から



それでは業者に印刷を依頼するときの流れについてご紹介していきます。印刷の元となるデータはあらかじめ用意しておく必要があります。データ形式は文書作成ソフトの形式や表計算ソフトの形式、デザインソフトの形式で取り扱っているところが多くなっています。

しかし名刺という小さなもののデザインではあっても、DTPやデザインを学んだことがある方なら別ですが、専門外の方にとってはかなり時間がかかってしまう作業でもあります。名刺デザイン作成の知識が全くないという方は、テンプレートを使ってデザインをすると楽に作ることができます。

このテンプレートは印刷業者で用意されていることもありますし、インターネットサイトからダウンロードすることもできます。使いやすそうなテンプレートがあれば、名前や社名を入れるだけで簡単にデザインの作成が完了します。デザインとは言っても名刺はビジネスツールなので、あまり凝ったデザインにする必要はありません。名前と社名が分かるということが最も大切なことです。余計な情報が載っていると肝心な部分が目立ちませんが、顔写真は載っていれば受け取った方の記憶に残りやすくなります。

デザインが準備できたらそれを業者に入稿しますが、名刺と一口に言っても意外に様々な形があります。サイズにバリエーションがある場合もありますし、二つ折りタイプのものを取り扱っているところもあります。次に用紙の形状や用紙の種類についてご紹介します。



知っておきたい用紙の種類と厚み



名刺のサイズは通常の企業であれば55mm×91mmの折らないタイプを使っているところがほとんどですが、51mm×89mmの少し小さめな欧米名刺というものもあります。また、二つ折りタイプのものは印刷できる面積が広くなるので、情報量をたくさん載せることができるというメリットもあります。あまりないタイプなので受け取った方の記憶に残りやすいという点もメリットの一つです。

また、用紙の厚みや種類を選ぶこともできます。名刺用用紙の種類として一般的に多いのはマット紙とコート紙です。マット紙はその名の通り艶消しの加工がされている用紙ですが、特徴としてインクがのりやすい点が挙げられます。そのため、写真や画像などを綺麗に印刷することができます。

対するコート紙はコート剤でコーティングされている艶がある用紙のことです。こちらも写真は綺麗に印刷できて、艶があるので高級感も感じられるものとなっていますが、傷や指紋が目立ちやすいという特徴があります。

マット紙とコート紙のどちらで印刷するか決まったら、次は紙の厚みを決めます。名刺の場合、厚みは180kgか220kgが一般的な厚みです。使われる機会の多い厚みは180kgのものです。220kgで作るとかなりの厚みになりますので、高級感を出すことができます。しかし、厚みがある分かさばって何枚も持つことはできなくなります。受け取った方の名刺入れの中でも場所をとってしまう恐れもあります。営業など大量に消費する職種の方であれば、180kgを選択する方が無難でしょう。

  • ジャケット専門店
  • カレンダー専門店
  • カード印刷専門店
  • 印刷素材とテンプレート&印刷DATA作成教室
  • 不審者カード(INGRESS)デザインテンプレートのダウンロード
  • ご利用ガイド
  • よくある質問
  • 新規会員登録
  • Adobe Creative Suit に対応
  • FREX B2B後払い決済
  • プレス・トークダイレクトは4/1以降も総額表示(税込み表示)を継続します
グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

当サイトはプライバシーを保護しお客様に安心してお買い物をしていただくために、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用しSSL暗号化通信を実現しています。

プレス・トーク ダイレクトでは印刷物のデータ内容がアダルト関連や公序良俗・法律に反するものと判断したものは、ご注文後でもお断りさせていただきます。

ベジタブルインキ

当社オフセット印刷は全ての印刷物に植物油インキを使用しています。

このページの上部へ
お支払い方法詳しくはこちら
  • ■銀行振り込み
    ※先払いのお振込みとなります。
    ※振込み手数料はお客様負担でお願い致します。
  • ■クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express)
    VISA、MasterCard、JCB、American Express
  • ■代金引換
営業時間について

営業時間は、月~金曜日は9:00~21:00、
土曜日は9:00~18:00
となっております。
(※日・祝日、弊社休業日はお休みをいただいております。)
お電話でのご連絡は営業時間内にお願い致します。
WEBからのご注文・お問い合わせ、FAXは24時間受付しております。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

完全データ入稿の締切は、20:00(土曜日は15:00)です。
20:00以降に到着した入稿分は、翌営業日の受付となります。
※「オフセット印刷」の「1営業日納期(当日に受付けて翌日に発送するサービス)」の完全データ入稿の締切は、受付日の10:00です。
納期に関する詳細は、こちらをご確認ください。

配送について詳しくはこちら

全ての商品が送料無料です(沖縄地区、離島を除く)
※沖縄地区、離島へ配送される場合は送料2,050円が別途発生致します。

  • ■発送先が2カ所以上ある場合は別途、送料が発生します。
    ※1カ所につき1,540円の送料が追加で発生します。
  • ■商品や物量に応じて配送業者が異なります。お客様では運送業者は指定できません。
  • ■複数商品の同梱は、同じカートで一度にご注文いただいたものに限ります。
    ※別々のカートに分けてご注文いただいた商品は同梱できません。
ポイント制度について詳しくはこちら
  • ■プレス・トーク ダイレクトでは、会員登録された方全員に1000ポイントをプレゼントしています。
  • ■お客様がご注文頂いた金額の1%がポイントとして加算されます。
  • ■貯まったポイントは、次回以降のお買物時にご利用いただけます。
  • ※サービスポイントの有効期限は、前回のポイント起算日(前回ご購入いただいた商品を出荷した日)から2年間です。
  • ※ご利用は1ポイント=1円になります。
キャンセル・変更について詳しくはこちら
  • ■データチェック完了までは対応可能です。
  • ■データチェック完了(受付日確定)後の変更はお受けできません。
株式会社プレス・トーク 〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目2-17 名古屋情報センタービル1階 TEL:052-228-0696/ FAX:052-232-2357
Copyright(c) 2012 PRESS-TALK DIRECT All Rights Reserved.