ようこそ、 ゲスト さん
カートをみる
商品を比較する
  • メニューを開く

トレーディングカードが日本で流行った理由は収集と遊びとコンビニ

ホーム > コラム > トレーディングカードが日本で流行った理由は収集と遊びとコンビニ

トレーディングカードが日本で流行った理由は収集と遊びとコンビニ

トレーディングカードが日本で流行った理由



トレーディングカードとは交換を意図したカードのことであり、日本では1950年代に登場しています。当初は野球選手が主流でしたが、アニメやアイドル、スポーツを題材にしたものに範囲が広がり、今では数多くのトレカが作られています。それらを数枚パックとして発売されているものが多く、簡単に全種類を集められないように工夫されているのが特徴です。そのため、欲しがる人が多いカードは、希少価値のあるレアカードとして高いレートで取り引きされることもあります。

このように、トレーディングカードの人気を高めてきたのは、収集する喜びが1つあります。販売されているものや、おまけについてくるトレカを集めていく中で、友人とカードを交換しながら全種類のカードを集めた時の達成感、レアカードを手にしたときの優越感はトレカ収集の醍醐味です。簡単には集まらないトレカを収集し、交換し、仲間同士で自慢し合いながら、趣味の輪が広がっていく、このことが日本で流行してきた一因です。また、1980年代から90年代は、ヒットアニメが多く出た時代でもありますし、Jリーグ人気が高まっていく時でもあり、それらが商品化されたことで人気を高めていきました。

さらに、トレカ人気を高めてきたのは、収集することに加えて遊びの要素も加わったことがあります。日本では、1990年代の後半にアニメを題材としたトレーディングカードゲームが発売され、その後各メーカーがさまざまなゲームを制作していきました。カードにはアニメなどのキャラクターが描かれていますが、それぞれに異なった能力や価値が数字や文章で表記されており、それらのカードを組み合わせて戦うゲームなどがあります。ゲームで勝つために、強力なカードを組み合わせる方法を追求したり、キャラクターの個性を楽しんだりと、子どもたちの知的な好奇心を強く刺激していきました。

そして、ゲームの流行を支えてきた背景には、コンビニの普及があります。トレカのゲームが発売されてから20年弱が経ちますが、その間、コンビニの数は増え続け、今では日本全国どこでも存在するようになっています。そのコンビに行けば子どもから大人までトレカのゲームを購入することができます。コンビニは、場所をほとんど取らずに大量のトレカゲームが陳列されており、全国さまざまな所でトレカゲームが普及していくことになったのです。ゲームが開始された20年前は子どもだった世代が、今は社会人で経済的にまとめ買いできるようになり、現在の人気を支えています。



地味にスゴイ、公共配布トレーディングカード



今、日本でトレーディングカードの人気を支えているのは、アニメキャラやゲームだけでなく、公共配布トレーディングカードの存在です。このカードは、一人1枚しかもらうことができず、現地に行かないともらえません。せっかく現地に行っても配布される時間や期間が決まっているので調べて行かなければなりません。事前に下調べをして、旅を兼ねて現地まで出向くことが魅力にもなっています。

公共配布トレカの人気に火を付けたのが、ダムカードといわれるトレカです。このカードは、国土交通省や農林水産省、自治体が管理するダムをモデルにして作成されています。ダムカードは公共配布カードの代表格で、それに次ぐ知名度を誇るのがマンホールカードです。これは、マンホールの蓋の絵柄にスポットを当てたカードで、マンホールの魅力を伝えるアイテムとして配布されています。

その他にも、アンテナ、文化遺産、道の駅、全国消防、ロープウェイなどのカードがあり、子どもから若者、老夫婦まで幅広い年齢層の方が集めています。この方たちに共通するのは、とにかく集めることが好きでカードになっているものの情報を知り、知識や理解を深める楽しさを追求していることです。ダムや橋といった巨大な建造物に興味を持ち、目的地までのルートを調べて現地まで赴く、そして、会話を楽しんだり周りの風景を楽しんだり、こうした楽しさが公共配布カードを集める魅力になっています。



トレーディングカードの印刷はネットで注文



現在では、さまざまな印刷物がネットで注文できるようになりましたが、トレーディングカードの印刷を行なっている業者はたくさんあります。それぞれの業者の印刷技術も年々向上しており、オリジナルトレーディングカードの印刷の品質も良くなっています。また、短納期や小ロットにも対応してくれる業者も増えており、何と言っても安い料金が魅力です。ネットであれば営業に費やす人件費を節約できるので、その分安く商品を提供することができます。

また、店舗型の印刷会社であれば、注文や問い合わせなどを営業時間内に行なわなければなりません。しかし、ネットの場合は24時間電話対応してくれる会社もありますし、注文もメールやファクスで24時間いつでも可能です。加えて、これまでの実績やお客さまの声などもHPで簡単に確認することができますし、料金がはっきりと明記されているので予算を立てる際にも便利です。支払いについても、銀行振り込みで行なっているショップやクレジットカードで決済できるところもあります。

業者を選ぶときには、どうしても安いところを選んでしまいがちですが、対応が丁寧で豊富な実績もはずすことのできないポイントです。品質と費用の両方をしっかりと見据えて多くのリピーターを増やし続けているような、安心できる信頼できる業者を選択することが大切です。

  • ジャケット専門店
  • カレンダー専門店
  • カード印刷専門店
  • 印刷素材とテンプレート&印刷DATA作成教室
  • 不審者カード(INGRESS)デザインテンプレートのダウンロード
  • ご利用ガイド
  • よくある質問
  • 新規会員登録
  • Adobe Creative Suit に対応
  • FREX B2B後払い決済
  • プレス・トークダイレクトは4/1以降も総額表示(税込み表示)を継続します
グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

当サイトはプライバシーを保護しお客様に安心してお買い物をしていただくために、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用しSSL暗号化通信を実現しています。

プレス・トーク ダイレクトでは印刷物のデータ内容がアダルト関連や公序良俗・法律に反するものと判断したものは、ご注文後でもお断りさせていただきます。

ベジタブルインキ

当社オフセット印刷は全ての印刷物に植物油インキを使用しています。

このページの上部へ
お支払い方法詳しくはこちら
  • ■銀行振り込み
    ※先払いのお振込みとなります。
    ※振込み手数料はお客様負担でお願い致します。
  • ■クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express)
    VISA、MasterCard、JCB、American Express
  • ■代金引換
営業時間について

営業時間は、月~金曜日は9:00~21:00、
土曜日は9:00~18:00
となっております。
(※日・祝日、弊社休業日はお休みをいただいております。)
お電話でのご連絡は営業時間内にお願い致します。
WEBからのご注文・お問い合わせ、FAXは24時間受付しております。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

完全データ入稿の締切は、20:00(土曜日は15:00)です。
20:00以降に到着した入稿分は、翌営業日の受付となります。
※「オフセット印刷」の「1営業日納期(当日に受付けて翌日に発送するサービス)」の完全データ入稿の締切は、受付日の10:00です。
納期に関する詳細は、こちらをご確認ください。

配送について詳しくはこちら

全ての商品が送料無料です(沖縄地区、離島を除く)
※沖縄地区、離島へ配送される場合は送料2,050円が別途発生致します。

  • ■発送先が2カ所以上ある場合は別途、送料が発生します。
    ※1カ所につき1,540円の送料が追加で発生します。
  • ■商品や物量に応じて配送業者が異なります。お客様では運送業者は指定できません。
  • ■複数商品の同梱は、同じカートで一度にご注文いただいたものに限ります。
    ※別々のカートに分けてご注文いただいた商品は同梱できません。
ポイント制度について詳しくはこちら
  • ■プレス・トーク ダイレクトでは、会員登録された方全員に1000ポイントをプレゼントしています。
  • ■お客様がご注文頂いた金額の1%がポイントとして加算されます。
  • ■貯まったポイントは、次回以降のお買物時にご利用いただけます。
  • ※サービスポイントの有効期限は、前回のポイント起算日(前回ご購入いただいた商品を出荷した日)から2年間です。
  • ※ご利用は1ポイント=1円になります。
キャンセル・変更について詳しくはこちら
  • ■データチェック完了までは対応可能です。
  • ■データチェック完了(受付日確定)後の変更はお受けできません。
株式会社プレス・トーク 〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目2-17 名古屋情報センタービル1階 TEL:052-228-0696/ FAX:052-232-2357
Copyright(c) 2012 PRESS-TALK DIRECT All Rights Reserved.