ようこそ、 ゲスト さん
カートをみる
商品を比較する
  • メニューを開く

カレンダーに冠婚葬祭の六曜を記載してオリジナリティをアップする

ホーム > コラム > カレンダーに冠婚葬祭の六曜を記載してオリジナリティをアップする

カレンダーに冠婚葬祭の六曜を記載してオリジナリティをアップする

冠婚葬祭に欠かせない六曜とは



壁に掛けて、卓上においてと、カレンダーは私たちの生活にはなくてはならないものです。このカレンダーをよく見てみると、上段に日時や曜日が記載され、下段には小さく運勢や方位、吉凶などが記載されているものがあります。この下段に記載されている大安や仏滅の吉凶のことを六曜といい、結婚式や葬儀などの冠婚葬祭などの儀式と結びつけて使われています。

カレンダーに六曜を記載するときには、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順に繰り返され、月末でリセットされます。六曜で縁起が良いのは、大安・友引・先勝の順で、逆に縁起が悪いのは、仏滅・赤口・先負の順とされています。最近ではカレンダーを持たずスマホで代用する若者が増えており、六曜を知らないという人が増えています。一方、年配者は六曜を気にする方は多く、引越しや納車するとき、家を建てるときときなど六曜の縁起をかついでいます。

六曜は古くから伝わる歴史のあるもので、室町時代に中国から伝わり、その名称や解釈、順序も少しずつ変化して現在に至っています。それぞれの六曜には固有の吉凶や運勢が定められていて、勝負事に関する内容が多いため、元々は勝負師や賭け事に用いられたものと考えられています。そのため、公営競技の予想紙には、今でも六曜が広く用いられています。

六曜のなかには仏の文字が入っていますが、宗教とはまったく関係がありません。もともとは曜日の代わりに使っていたもので、冠婚葬祭によく用いられる日本人の一般常識ということになります。



ノベルティにはオリジナルカレンダーを



会社や企業が商品の宣伝を目的に無料配布する記念品のことをノベルティといいますが、ノベルティで大切なことは多くの人に使ってもらうことです。カレンダーも販売を促進するためのノベルティとしてよく使われていますが、より印象的なものになるよう色合いやデザインを工夫することで喜んで使ってもらえるものになります。

ノベルティの宣伝効果を高めるためには、日常的に使ってもらう必要があります。その点カレンダーは自宅の中に置かれ、誰にとっても必要なものであり、目に触れる機会が多いのが特徴です。この特徴を生かし、商品の名前や画像、イベントなどのお知らせを掲載することができます。また、企業の情報を掲載するスペースも広いというのも特徴であり、ノベルティとしてよく使われる所以です。

今では、カレンダーもどんどん進化をとげ、いろいろなものが作られています。一般的には1月から始まるものが主流ですが、学校や企業の新年度に合わせた4月から始まるものも普及しています。また、壁掛けタイプのもの、卓上タイプのもの、ペーパーフレームタイプのものなどがあり、便利な工夫をされているものも多くあります。企業の中にはオリジナリティ溢れるものを制作し、多くのユーザーに自社のサービスやブランドを上手に宣伝しているところが増えています。

六曜をしらない若い人たちが増えていますし、六曜を記載したカレンダーはだんだん見かけなくなっています。珍しさやインパクトを与えるのもノベルティの大切なポイントになります。カレンダーに六曜を記載する、メモ欄を大きくする、前月や次月を小さく表示するなど、個性溢れるオリジナルなものを作ってみてはいかがでしょう。今では、ネットショップで安くて質の良いものを作ることができます。

オリジナルは自由にデザインすることができるので、宣伝したい商品やサービス、企業のイメージに合うデザインで作成することができます。また、オリジナルは新たなファンを獲得するチャンスにもなります。ユニークなオリジナルグッズであれば、SNSでシェアされ一気に人気アイテムになる可能性もあります。そして、オリジナルでもそれほど作成料金は高くないので、お得な価格で個性的なカレンダーを作ってみましょう。



オリジナルカレンダーはネットで注文



オリジナルカレンダーを作成するとき印刷会社に依頼していましたが、今ではネットから依頼できる印刷会社がたくさんあります。それぞれの会社ではいろいろなサービスを行なっていますが、大切なポイントはオリジナリティ溢れるものを作る技術をしっかり持っていることです。オリジナルなカラーを作る技術を持ち、写真や文字のデザインが豊富に揃っているところであれば、六曜の文字などもユニークでインパクトのあるものを作ることができます。

そして、品質とともに大切なのが費用です。ネット上の印刷会社は通販に特化しているので、人件費がかからず安価で商品を提供することができます。また、HPを見ると料金がはっきりと明記されているので予算を立てる際にも便利で簡単です。基本的なことですが、短納期で小ロットでも対応してくれるか、これまでの実績はどうか、お客さまの声なども、HP上で簡単に確認することができます。

このようにネットを利用することで、質の良いものがお手頃な価格で作成することができます。注文してから納品が終わるまでの間、何か質問などがある場合でも、24時間電話対応してくれる会社もありますし、注文もメールやファクスで24時間いつでも可能なところもあります。ネットの印刷会社を検索して、多くのお客様から支持されている会社を選ぶこと大切です。

  • ジャケット専門店
  • カレンダー専門店
  • カード印刷専門店
  • 印刷素材とテンプレート&印刷DATA作成教室
  • 不審者カード(INGRESS)デザインテンプレートのダウンロード
  • ご利用ガイド
  • よくある質問
  • 新規会員登録
  • Adobe Creative Suit に対応
  • FREX B2B後払い決済
  • プレス・トークダイレクトは4/1以降も総額表示(税込み表示)を継続します
グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

当サイトはプライバシーを保護しお客様に安心してお買い物をしていただくために、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用しSSL暗号化通信を実現しています。

プレス・トーク ダイレクトでは印刷物のデータ内容がアダルト関連や公序良俗・法律に反するものと判断したものは、ご注文後でもお断りさせていただきます。

ベジタブルインキ

当社オフセット印刷は全ての印刷物に植物油インキを使用しています。

このページの上部へ
お支払い方法詳しくはこちら
  • ■銀行振り込み
    ※先払いのお振込みとなります。
    ※振込み手数料はお客様負担でお願い致します。
  • ■クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express)
    VISA、MasterCard、JCB、American Express
  • ■代金引換
営業時間について

営業時間は、月~金曜日は9:00~21:00、
土曜日は9:00~18:00
となっております。
(※日・祝日、弊社休業日はお休みをいただいております。)
お電話でのご連絡は営業時間内にお願い致します。
WEBからのご注文・お問い合わせ、FAXは24時間受付しております。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

完全データ入稿の締切は、20:00(土曜日は15:00)です。
20:00以降に到着した入稿分は、翌営業日の受付となります。
※「オフセット印刷」の「1営業日納期(当日に受付けて翌日に発送するサービス)」の完全データ入稿の締切は、受付日の10:00です。
納期に関する詳細は、こちらをご確認ください。

配送について詳しくはこちら

全ての商品が送料無料です(沖縄地区、離島を除く)
※沖縄地区、離島へ配送される場合は送料2,050円が別途発生致します。

  • ■発送先が2カ所以上ある場合は別途、送料が発生します。
    ※1カ所につき1,540円の送料が追加で発生します。
  • ■商品や物量に応じて配送業者が異なります。お客様では運送業者は指定できません。
  • ■複数商品の同梱は、同じカートで一度にご注文いただいたものに限ります。
    ※別々のカートに分けてご注文いただいた商品は同梱できません。
ポイント制度について詳しくはこちら
  • ■プレス・トーク ダイレクトでは、会員登録された方全員に1000ポイントをプレゼントしています。
  • ■お客様がご注文頂いた金額の1%がポイントとして加算されます。
  • ■貯まったポイントは、次回以降のお買物時にご利用いただけます。
  • ※サービスポイントの有効期限は、前回のポイント起算日(前回ご購入いただいた商品を出荷した日)から2年間です。
  • ※ご利用は1ポイント=1円になります。
キャンセル・変更について詳しくはこちら
  • ■データチェック完了までは対応可能です。
  • ■データチェック完了(受付日確定)後の変更はお受けできません。
株式会社プレス・トーク 〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目2-17 名古屋情報センタービル1階 TEL:052-228-0696/ FAX:052-232-2357
Copyright(c) 2012 PRESS-TALK DIRECT All Rights Reserved.