ようこそ、 ゲスト さん
カートをみる
商品を比較する
  • メニューを開く

うちわの歴史について

ホーム > コラム > うちわの歴史について

うちわの歴史について




うちわについて



うちわとは、柄の部分を持ち扇部であおいで風を送り、涼む道具として当たり前のように定着しています。しかし、過去には様々な用途や意味合いをもつ道具でした。

一言で扇と表す場合には、扇子の方が想起されますが、うちわは扇子が発明された前から中国にはありました。元は、蚊などの虫を打ち払うという意味を持つ「打つ翳」という名前が派生しうちわと呼ばれるようになりました。そこから転じて、魔を撃ち払うという魔除けとしての意味も付けられました。

うちわと扇子の違いは、日本語ではいずれも漢字表記で扇を用いられ、ほぼ同じような使い方をされています。しかしかつては、僧侶や文人などがうちわを使い、公家や貴族が扇子を親しんで用いるなど使い分けの傾向がありました。この違いは、誰にとってもうちわは夏の季節に使う道具としての側面が強かったものの、扇子には儀式などで使われる道具としての側面を持っていたため、公家や貴族には必要だったからです。



うちわの日用品としての需要と文化的な使い方



特徴として面白い点は、今でこそ涼むための道具として定着していますが、かつては風を送るという物理的な用途としての目的以外にも、儀式などに用いられるという文化的な側面を持っていました。ここでは、日用品としての目的と、儀式など文化的な目的を少し見ていきます。

日用品としての物理的な側面を見てみると、扇いで風を送るほか、日差しよけとしてかざしたり、虫を払ったりする道具として用いられていました。また、風を送るということで、濡れたものを乾かすためや、炊事などでの火おこしや料理の熱さまし、塵を払うなど、多岐にわたって日常で用いられていました。また、消防用具としては、うちわは扇部分に漆などを塗布し、仰いで火の粉を払い類焼を防いでいました。

文化的な使い方としては、主に先述した魔除けとして払うなどのほか、儀式や軍配としての明暗を占うためのものとして使われてきました。あおぐことで様々な厄を祓うという特別な力を持つものとして、霊力が信じられてもいました。古代の朝廷が渤海使に夏の暑い時期の贈答品として贈ったという背景もあります。この贈答品としての一面が、現在の商店街や企業などが、うちわを配布する流れを汲む文化の先駆けになっています。踊りにおいても用いられてきました。現代ではアイドルの応援グッズとして装飾して用いる場合もあります。ノベルティグッズとして表面に広告を施した文化も定着しています。

このように、うちわのもつ道具としての用途が様々に解釈されて、それを多くの役割を持つ道具として発展させてきました。物理的に虫などを払うということが、文化的な厄をはらうという語感に転じられ、またそうしたはらうものであるから縁起ものとなり、贈答品であるという文化と共に、縁起物であるから喜ばれる配布物として現在に繋がっています。

広告のノベルティとして、現在では自由なデザインで企業や商品をアピールする道具としての目的は、ずいぶん以前から原型があったことになります。こうした民俗学的にも貴重な文化財であるうちわは、国立民族学博物館にも展示されているほか、それにまつわる博物館や祭りがあります。



うちわの歴史



うちわの歴史は、古代中国やエジプトの壁画でも確認することができます。日本でも古墳の壁画に、古墳にまつわる儀式の道具として用いられていた歴史が壁画に記されています。中世の時代になると、大きさや文様を施した豪華なものが公家や役人、僧侶の間で使用されるようになりました。絹や、動植物の繊維や羽を用いたものもありました。庶民にも四角い形をした方扇と呼ばれる四角いものが用いられていました。

戦国時代には、ほぼ現代の形に通ずるものができ始めました。この頃は、漆塗りの皮、板、鉄板など頑丈に作られた軍配団扇が武具として機能していました。武具ということもあり、軍配団扇には家紋が示されていました。江戸時代では、うちわの用途が格段に広がり日用品として、日差し除けや虫を払う道具、炊事など幅広く用いられました。木版技術が盛んに発展を遂げていたため、団扇絵を沢山刷ることができたため、庶民の間にも美しい絵柄や図柄が施されたものが愛されていました。

明治時代では、うちわといえば広告としての側面がありました。お寺や神社が配布することを目的として需要が増しており、裏に名入れを施し、表面には今の広告うちわの先駆けになるような商品や、言葉が記されていました。戦時中になると生産は極めて少なくなったものの、戦後になると、日本の経済回復に連れて生産も息を吹き返します。昭和30年代頃からは、当時の役者の顔や姿が描かれたものが登場し、女優や俳優という存在が、アイドルとしてより身近に親しまれる存在にもなりました。全国を通してみても、千葉県南房総の房洲うちわはもちろんのこと、四国香川県の丸亀うちわ、京都の京うちわなど日本各地で伝統工芸品として生産されています。

  • ジャケット専門店
  • カレンダー専門店
  • カード印刷専門店
  • 印刷素材とテンプレート&印刷DATA作成教室
  • 不審者カード(INGRESS)デザインテンプレートのダウンロード
  • ご利用ガイド
  • よくある質問
  • 新規会員登録
  • Adobe Creative Suit に対応
  • FREX B2B後払い決済
  • プレス・トークダイレクトは4/1以降も総額表示(税込み表示)を継続します
グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

当サイトはプライバシーを保護しお客様に安心してお買い物をしていただくために、グローバルサインのSSLサーバ証明書を使用しSSL暗号化通信を実現しています。

プレス・トーク ダイレクトでは印刷物のデータ内容がアダルト関連や公序良俗・法律に反するものと判断したものは、ご注文後でもお断りさせていただきます。

ベジタブルインキ

当社オフセット印刷は全ての印刷物に植物油インキを使用しています。

このページの上部へ
お支払い方法詳しくはこちら
  • ■銀行振り込み
    ※先払いのお振込みとなります。
    ※振込み手数料はお客様負担でお願い致します。
  • ■クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express)
    VISA、MasterCard、JCB、American Express
  • ■代金引換
営業時間について

営業時間は、月~金曜日は9:00~21:00、
土曜日は9:00~18:00
となっております。
(※日・祝日、弊社休業日はお休みをいただいております。)
お電話でのご連絡は営業時間内にお願い致します。
WEBからのご注文・お問い合わせ、FAXは24時間受付しております。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

完全データ入稿の締切は、20:00(土曜日は15:00)です。
20:00以降に到着した入稿分は、翌営業日の受付となります。
※「オフセット印刷」の「1営業日納期(当日に受付けて翌日に発送するサービス)」の完全データ入稿の締切は、受付日の10:00です。
納期に関する詳細は、こちらをご確認ください。

配送について詳しくはこちら

全ての商品が送料無料です(沖縄地区、離島を除く)
※沖縄地区、離島へ配送される場合は送料2,050円が別途発生致します。

  • ■発送先が2カ所以上ある場合は別途、送料が発生します。
    ※1カ所につき1,540円の送料が追加で発生します。
  • ■商品や物量に応じて配送業者が異なります。お客様では運送業者は指定できません。
  • ■複数商品の同梱は、同じカートで一度にご注文いただいたものに限ります。
    ※別々のカートに分けてご注文いただいた商品は同梱できません。
ポイント制度について詳しくはこちら
  • ■プレス・トーク ダイレクトでは、会員登録された方全員に1000ポイントをプレゼントしています。
  • ■お客様がご注文頂いた金額の1%がポイントとして加算されます。
  • ■貯まったポイントは、次回以降のお買物時にご利用いただけます。
  • ※サービスポイントの有効期限は、前回のポイント起算日(前回ご購入いただいた商品を出荷した日)から2年間です。
  • ※ご利用は1ポイント=1円になります。
キャンセル・変更について詳しくはこちら
  • ■データチェック完了までは対応可能です。
  • ■データチェック完了(受付日確定)後の変更はお受けできません。
株式会社プレス・トーク 〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目2-17 名古屋情報センタービル1階 TEL:052-228-0696/ FAX:052-232-2357
Copyright(c) 2012 PRESS-TALK DIRECT All Rights Reserved.